So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2016年8月18日 日立港

日立港、先行削孔の現場です。

立て続けの台風など、思わしくない状況が...
続いていますが、気を取り直して続魔法使い
を紹介いたします。

船舶関連でお世話になっている、三国屋建設さんの
第6常陸丸と安部船長です。

19t級の2軸推進のボートですが、時に曳船
又は押し船、ある時は揚錨船として活躍しています。

このボート、性能はもちろん素晴らしいのですが
安部船長の手にかかると色んな魔法がかかってきます。

本来のスペックとは思えない動きをするなどは序の口で
台船を本船につける時など、スムーズ過ぎて、いつ付い
たのかまるでわかりません。

また、作業の流れをよく読んで、もう1隻のボートとうまく
連携し、2隻のSEPに5隻のバージを巧みに運用します。
あっ、次の段取りを言い忘れた!!って思って周りを見ると
すでに次の作業の準備を終えていたりします。
常に、2手、3手先を読んでいます。
そういう意味では、魔法使いというよりもエスパーさんなの
かもしれません。

ちょっとイケメンさんなのですが、これも魔法でそう見せてるのかもです。(笑)

甲板の西村くんもいい味を出しています。

次は、職長の魔法使いを紹介いたします^^/

0829 日立_R.jpg

2016年7月29日 日立港

日立港、先行削孔の現場です。

当作業所には何人か魔法使いがいます。

...

今回は、削孔・置換を施工している「徳重」
の中西さんを紹介いたします。

全周掘削機を用いた削孔チームの職長さんで
クローラークレーンのオペレーターさんを
兼ねておられます。

魔法の呪文は教えてもらえなかったのですが、
中西さんがクレーンを操作するとSEPの振動が
ほとんど起きなくなります。

ハンマーグラブを用いた削孔から、ケーシング類等の
重量物を扱う非常に神経を使う仕事を流れるように
進めていかれます。

安全面もしっかり気を使われ、整理整頓も励行です。

酔っぱらうと、とにかく安全が第一やけん、絶対に
事故はやったらあかんのよ!!と連呼するお茶目な
一面もあります。(^.^)

次回は、ボートの魔法使いを紹介します。

ご安全に!!

s-2016-07-29_08.07.40_R.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。